ラフティングの歴史は意外と浅い

ラフティングの歴史といっても新しくて、1800年から1900年代前半に始まったと言われています。ラフティングの起源とされているのは1869年にアメリカで、コロラド川探検と呼ばれる木製のボートでの川下りだと言われています。それから第2次世界大戦後に今の形であるゴムボートでのラフティングが確立されました。


その後いろいろな国でラフティングが行われて休息にラフティングの普及が進みました。ラフティングで有名な国といえば、アメリカやカナダの北米地域、オーストラリア、ニュージーランドと言った南半球の地域が有名です。またその他の地域ではチリやネパールなども結構有名で特にネパールでは国の重要な観光産業の1つとも言われています。


ラフティングの日本での歴史はまだ浅くて、まだ30年くらいの歴史しかありません。始まった当初はラフティングと呼ばれてなくて、ラフティングの技術も乏しくて、安全性も全くなかったそうです。だから当時そんなに普及もしなかったと言うことです。

日本でラフティングと呼べるものと言えば1977年に大学の探検部が中心となって行った第一回日本リバーベンチャー選手権大会だと言われています。これは日本で今のラフティングスタイルの素とされていて、今でも毎年開催されています。

ラフティングが日本で認知され始めたのは、1991年アウトドアメーカーのモンベルが外国でガイド経験のある日本人の協力によってラフティング業界に参入してから、一般の人にもラフティングの認知度も上がってきました。

今ではラフティングという言葉は知らない人はいないくらいメジャーなレジャースポーツとして知られるようになり、最近では学校の修学旅行なんかでもラフティングの体験プログラムがあったりするくらい有名になりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。